ニート飯「科学的に焼いたステーキ」

前回はニートらしくサラダにしたので
今回はもうニート度を稼ぎませ~んヽ(*´∀`)ノ

となったら、選ぶのはもう一つしかない

ステーキ
ステーキですよ!ステーキ!!

しかも和牛!!
どうです? この見事な霜降り!!

というのも、近くのスーパーでたまたま割引されていたのですよヽ(*´∀`)ノ

和牛セール
和牛なのに610円!

これはもう今日はステーキにしろってことでしょう(*´Д`)=з

ちなみに今回は前にテレビでやっていた
水島シェフの「科学的に美味しいステーキの焼き方」に則って作っていきたいと思います!

なんかこの水島シェフはたくさん本を出していらっしゃるようなのですが

 

言っていることは共通していて、ようするに

・一気に火を通さずに弱火でじっくり
・塩分量は食材の0.8%

を守れば大体のものは美味しく作れるみたいです。

というわけで、さっそく調理スタート!

キッチンペーパーにサラダオイル

まずはキッチンペーパーにサラダオイルを染み込ませます。
このサラダオイルはお肉の臭み取りに役立ってくれるので
裏表しっかりと浸します。

キッチンペーパーに肉

その上にお肉を置きます。

肉に牛脂

そのお肉の上に牛脂を置きます。

この牛脂はお肉への香り付けのためのものなので
できれば香りの良い和牛の牛脂が使えると良いみたいです。

キッチンペーパーで肉を包む

そして包む、と

このとき、めっちゃ手が油でギトギトになるので(私だけ?)
石鹸でも置いてすぐに油落とせるようにしておくと吉です。

オーブンに入れる

そしてこれをオーブンに入れるのですが、
できればこんな感じで網の上に置くと
下の設置面から熱が通り過ぎるのを防げるので良いです。

オーブンに入れる

これをオーブンにイン

オーブンの設定

オーブンの設定は120度15分
じっくりと温めていくため、予熱の必要はありません。

…15分後

焼き上がり

オーブンから取り出して

ひっくり返す

ひっくり返して

再度オーブンへ

今度は120度10分

焼き上がり

取り出してみると

焼き上がり確認

こんな感じで表面に赤い肉汁が少し出ている状態かと思います。

塩をふりかけ

ここでお肉の両面に満遍なく塩をかけていきます。

最初に書いたように、お塩の量はお肉の重さの0.8%です。(例:200gなら1.6g)
消費税も8%ではなく0.8%にならんかね…

まあ、そんなことはどうでもよいのですが
ここでお肉をひっくり返したりしていると
上手くいっていればお肉のプルプルっぷりに驚くこと請け合いです^^

すでにここでかぶりつきたい衝動にかられますが我慢しましょう!

ここまでオーブンでじっくり低温で焼くことで
肉の細胞を破壊せずに肉汁を閉じ込めることには成功しているのですが
ステーキなのですから、やっぱりあの肉の焼けた香ばしさは欲しいですよね?

ですので、ここで最後の仕上げに強火で焼き目を付けていきます。

せっかく弱火で通してきたのにここで強火を使っちゃっていいの?
と不安になるかもしれませんが、
一度火を通したお肉は強火で焼いても固くなりづらいらしいので安心してください。

フライパンに牛脂

フライパンで牛脂を溶かしていきます。
最初にお肉に乗せた牛脂が残っていればそれをそのままここにブチこんでも構いません。

肉をフライパンへ

牛脂が溶けたら肉をドーン!
強火30秒焼きます。

焼き色をつける

30秒経ったら裏返し!
綺麗な焼き目がついてますね^^

裏側はこのまま4~5秒だけ焼きます。
そしたらすぐに火から上げてアルミホイルの上へ。

アルミホイルで休ませる

このままアルミホイルに包んで数分おきます。

こうやってお肉を休ませて上げると
肉汁やら旨みがお肉の中に定着してくれるらしいです。

そして余分な熱が取れたら…

科学的に焼いたステーキ
完成!!

本当は食べながら切っていった方が
肉汁や旨みが切り口から漏れていかないので美味しいのですが
見た目をかっこつけたいので切ってしまいました><

でも、切り口、いい感じじゃないですか?( ̄∀ ̄)

タレは左から、わさびと塩、醤油、レモン、とシンプルに揃えました。
塩をかけてあるのでそのままでも十分美味しいですしね^^

ちなみに本当は「科学的に美味しいステーキソースの作り方」もあるのですが
ソースまでちゃんと作るのは面倒くさいので却下!
この辺の爪の甘さがニートですよねヽ(*´∀`)ノ

まあ詳しい作り方は調べればいくらでも出てくると思うので許してください(^q^)

というわけで

科学的にミディアムレア
いただきます!

!!!!!??

なんじゃぁぁぁこりゃああぁぁあ

うっま!
クッソうっま!!

お肉甘すぎない!?
そしてものすっごいプリプリ!!

この感触覚えがあるぞ!

私のお肉感を変えたあの出来事
そう、前に神戸で食べた神戸牛に似ている!

あの人生で間違いなく一番美味しいお肉に近いものを
まさか自宅で食べられることができたとは…

水島シェフすごすぎない…?

----------------------
ご飯:和牛ステーキ
値段:610円
備考:今日は人生で最も上手に610円を使えた日

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月19日 | カテゴリー : ニート飯 | 投稿者 : ニート社長